読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年初

今更ですが、明けましておめでとうございます。昨年書いた抱負は見事に達成されず、1週間に1回どころか1ヶ月に1回もこのブログを更新することができなかった。「今年は頑張ります」と言ったところで全然説得力がないので、もうそういうことは言わずに、今年…

アメリカの中間選挙を経て

アメリカの中間選挙は予想通り、共和党が議席を伸ばし、民主党が負けた。一般論としては、これで、ますますアメリカにおいて気候・エネルギー法案が通る望みは小さくなり、それによって、国際交渉はますまず厳しくなると言われている。そんな最中でも唯一の…

iPad使用感

iPadの使用を開始して2週間ばかしたったので、ここいらで少し使用感をまとめてみる。これから購入を検討している人の参考にちょっとでもなれば幸い。最初に全体的な評価を書いておくと、元々、私はiPadを「通勤の最中に様々な文書、特に『印刷するのはもった…

国連中心か、貿易交渉型か(続)

baya さんに頂いたかコメントを受けて、もう少し考えてみた。かなり間が空いてしまったけど。「2国間/地域間の積み上げ」方式のどういう部分がだめなのか。前にも書いたように、それが全部駄目だとは思わない。特に、今の様に、交渉がやたらと複雑化していて…

国連中心か、貿易交渉型か

昔からある論点なのだけど、コペンハーゲン会議以降の文脈で以前にも増して重要となっている論点として、国際的な気候変動政策は、国連中心でグローバルな協定の下で進めるべきか、それとも貿易交渉のようにボトムアップで、2国間もしくは地域間の協定を積み…

地球温暖化対策基本法案が衆院を通過

昨晩、地球温暖化対策基本法案が衆議院を通過した。http://www.asahi.com/eco/TKY201005180554.html少し揉めたようではあるが、ひとまず通過し、議論の場は参議院に移った。ウェブキャスト等をまだ見ていないので、14日の環境委員会での様子も、昨晩の本会議…

アメリカ議会上院気候・エネルギー法案プロセスのこれまで

ケリー=リーバーマン法案の発表 ちょっと前に「歴史的な数日間」というタイトルでエントリーを書いてから、けっこうな日にちが経ってしまった。決着には、「数日」どころではなく、日が必要だったようで読みが浅かった・・・。昨日12日、ついにというか、や…

Race to the bottom?:オーストラリアが排出量取引制度法案を延期

昨年12月のコペンハーゲン会議の結果が乏しくなかったことの影響か、世界各国での取組み、特に先進国での取組みに少し勢いが無くなってきている。昨日の記事にも書いたアメリカはもとより、ここ数年、気候変動交渉でのリーダーを自負していたEUもかなり勢い…

歴史的な数日間

多分、ここ数日間のアメリカの議会・上院の動向は、歴史的にも重要な 数日間になるだろう。今日(月曜日)に発表される予定だった気候・エネルギー政策法案のついて、共同提案者になる予定だった共和党議員Grahamが、民主党が移民政策法案を優先させる方針を変…

地球温暖化対策基本法案の閣議決定と中長期ロードマップの議論

この間、国内的なビッグニュースとしては、なんといっても地球温暖化対策基本法案が閣議決定されたことだろう。 環境省報道発表資料平成22年3月12日:地球温暖化対策基本法案の閣議決定について(お知らせ) いろいろあったが、 とりあえず、国際合意を条件…

あっという間に1ヶ月以上

年が明けてからしばらくは、毎日のペースで更新ができていたのだけれど、ちょっと忙しくなったら途端にもうダメで、「仕方ない、今日は無しで・・・」とか思ったら、あっという間に2ヶ月も間が空いてしまった。いやはやなんとも。今も、年度末で仕事が落ち着…

83の企業がオバマ大統領・議会メンバーに包括的な気候変動・エネルギー法案を求める書簡を提出

お国柄なのか、アメリカは、気候変動対策に反対するロビーも強いが、むしろ自分たちが望む形で政策を作って欲しいと考えて、逆にロビーする企業もいたりする。 We Can Lead: Over 80 U.S. Companies Call on President Obama & Congress to Enact Comprehens…

本城直季 / ハービー・山口

休日なので本屋をブラブラしていて、なんとなく気分が乗ったので写真集を2つ買った。写真集なんて滅多に買わないのだが。1つは、本城直季氏の『small planet』である。small planet作者: 本城直季出版社/メーカー: リトルモア発売日: 2006/04/08メディア: …

BASIC グループ

今月25(月)〜28日(木)の予定で、いわゆるBASICグループの会合が開かれるらしい。BASICとは、ブラジル、南アフリカ、インド、中国の4カ国からなるグループである。これらの国々は、成長著しい新興国として、気候変動交渉の中でも重要な役割を果たしている…

Safari用のTombloo が欲しいな・・・

Google Chrome のMac版でも拡張機能(extensions)が使えるようになった。といっても、現在、普通に公開されているBeta版ではなく、開発者向けのバージョンで、の話である。以下にあるサイトを順番に辿って行ったら行けた。 Chrome Dev Channel Updates for …

明治神宮

明治神宮に初参拝 昨日は、親戚一同の新年会の後に新宿に寄り、先月の出張時にボロボロにしてしまったマザーハウスのバッグを修理に出した。その後、ついでに明治神宮に行ってみた。何を隠そう、行ったことが無かったので、初参拝。初詣では、元旦に別の神社…

ウユニ塩原

何の気なしに見ていたテレビの、「ワンダー×ワンダー」という番組で、ボリビアのウユニ塩原という場所について取り上げていた*1。ちょうど昨日のエントリーで、ボリビアについて全然違う文脈で取り上げたところだったので、「おっ」と思って見ていたのだけれ…

ボリビアが気候変動に関する国際会議を開催?

ちょっと前のエントリーで、コペンハーゲン会議の結果について書いた。その時、注目すべき動向として、ベネズエラやボリビア等のALBA諸国の動向というのにちょっと触れた。そのボリビアが、気候変動に関する“オルタナティブ”な国際会議を開催するというニュ…

各国が掲げている削減目標は「2℃未満」にとって十分なのか?(2)

Climate Action Tracker さて、ちょっと間が空いてしまったが、前回の続きである。今回は、Climate Action Tracker を取り上げる。Climate Action Tracker は、ヨーロッパの著名な研究機関であるEcofysや、Nature に載ったカーボン・バジェットに関する論文…

コペンハーゲン会議の報告会のご紹介

うちの団体じゃないのだけれど、ご案内が来ていたので、2件ご紹介。 #今朝もう1件来ていたので、追加でご紹介。計3件。 IGES・GISPRIの報告会 毎年人気があるので、もう定員かもしれない。 政府担当者が説明に来るのが通例。 以下転載。 - IGES/GISPRI共催 …

アメリカ上院の穏健派民主党議員がキャップ&トレード部分を気候・エネルギー法案から取り除くようにと働きかけ

少し前のニュースになってしまうのだが、心配なニュースが流れていた。Senate Democrats to W.H.: Drop cap and trade アメリカの上院において、6人の穏健派民主党議員が、キャップ&トレードに関する箇所を、取り除いて、エネルギーに関する部分だけで、法案…

各国が掲げている削減目標は「2℃未満」にとって十分なのか?(1)

全体目標が持つ影響に関する3つの研究 コペンハーゲン会議(COP15・COP/MOP5)までの過程の中で、先進国や一部の途上国は自国の温室効果ガス排出量削減に関する中期目標(〜2020年)を自主的に発表している。日本が、政権交代後、2020年までに1990年比で25%…

Sony α550のRAWファイルがApertureで読み込めなくなったことへの対応

事情があって、カメラをこれまで使っていたソニーのα100からα550へと換えた。[rakuten:kaden-sakura:10015112:detail]そしたら、今まで、普通にApertureで直接読み込めていた写真ファイル(RAW形式)が、サポートされていないフォーマットとやらになり、読み…

悩ましい選択肢:EvernoteとSOHO Notes + NoteLife

最近、常時使うメモ管理ソフトをどれにするかで少し悩んでいる。「メモ管理ソフト」というのは、私が勝手にそう呼んでいるだけで、別にそういう一般的な呼び方があるわけではない(と思う)。日常的に、思いついたアイディアや、会議の議事録、セミナー/審…

明けましておめでとうございます

年が明けました。奇特にもこのブログを見てくださっている人、どうもありがとうございます。このブログの不定期更新ぶりもヒドいものですが、それでも、たまに見てくれている方もいるみたいなので、今年は、少しはマジメにモノを書いていきたいと思います。…

コペンハーゲン会議の結果について

デンマーク・コペンハーゲンでの国連気候変動会議(COP15・COP/MOP5)が終わって、早くも2週間が過ぎ去り、もう年の瀬だ。今年は色々なことがあったが、この会議に照準を合わせて色々やってきたので、それがあんな形で終わると、がっかりしてしまって、少し…

同僚の書いた本

忙しい時期に「ちょっと休憩」のつもりでブログを書くのをお休みしたら、そのまま3ヶ月が経ってしまった。いつもそんなんばっかりだが。気がつけば、もうコペンハーゲン会議直前だ。そんな時期に、同僚が本を出した。地球温暖化の最前線 (岩波ジュニア新書)…

ドイツ・ボンでの初日。国連気候変動ボン会議IIIへ向けて

昨日(7日)の晩にドイツ、ボンに到着した。月曜日から始まる国連気候変動ボン会議IIIに仕事で参加するためだ(10日〜14日)。今回は、AWG LCA とAWG KP それぞれの非公式会合が開催される。「AWGって何さ?」という方は、昨年のポズナニ会議の時に書いたエ…

各選挙区の候補者の温暖化対策への姿勢が分かるサイト

ちょっと仕事に関連してしまうのだけれど、広く関心のあることだと思うので少し宣伝。うちの団体も参加しているMAKE the RULE キャンペーンが、昨日、各選挙区での候補者の温暖化対策に対する姿勢をチェックできるサイトを作成した。 未来を選べ! 衆議院議…

長岡の花火大会

8月3・4日とお休みを頂いて、両親・妹と一緒に長岡の花火大会に行ってきた(父の実家は新潟)。大会自体は8月2・3日の2日間開催されたのだが、うちの家族が見たのは3日の一日だけ。初日は、終盤から雨が降ったらしいのだが、2日目は良い天気にめぐまれ、花火…

村田早耶香『いくつもの壁にぶつかりながら:19歳、児童売春撲滅への挑戦』PHP研究所 2009年

いくつもの壁にぶつかりながら作者: 村田早耶香出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2009/06/13メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 15回この商品を含むブログ (8件) を見る大学生時代に児童売春撲滅を目的とするNGOを立ち上げた著者が、これまでの成功と失…

公明党・社民党・共産党のマニフェスト/選挙政策

昨日は民主党のマニフェストについて言及したが、今日、改めて各党を見てみると、結構、各党とも出している。ということで、昨日に引き続き、各政党のマニフェストもしくは選挙政策について、気候変動政策関連分野のみ、ざっと見ておく。昨日の民主党の時と…

民主党のマニフェスト発表

今回の選挙は、ひょっとしたら政権交代がありうるかもしれない選挙ということで、世間的にもきわめて注目度が高い。個人的にも、楽しみ(?)な選挙だ。気候変動政策の分野においても、現政権が存続するか、民主党が政権を奪取するかによって、その後の政策…

塚本康浩『ダチョウ力』朝日新聞出版 2009年

ダチョウ力 愛する鳥を「救世主」に変えた博士の愉快な研究生活作者: 塚本康浩出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2009/03/19メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 67回この商品を含むブログ (31件) を見るダチョウという、一見、足が速くてデカイという…

G8とMEF:長期目標で共通認識深めるも・・・

7月8日〜10日の日程で、イタリアのラクイア(L'Aquila)という場所でG8およびMEF(主要経済国フォーラム)が開催された。map:x13.399972915649414y42.35201090701361:map元々はラ・マッダレーナ(La Maddalena)という場所で開催されるはずだったものが、ベ…

Carbon Markets Asia の2日目(6月24日)の感想(今更・・・)

なんだか本当に今更の感があるが、一応、「書く」と宣言したので書いておく。本当は、今日というタイミングだとG8&MEFの結果についてコメントすべきだろうけど・・・。再び、自分用のメモから特にこれは面白かったという部分だけを前後の文脈を無視して書い…

Carbon Markets Asia の初日(23日)分の感想

最初の印象 6月23〜24日に出張で行ってきたCarbon Markets Asiaの感想を初日と2日目に分けて書いておこうと思う(初日の感想を書いていたらやたらと長くなったので)。初日は自分のプレゼンがないので、比較的ゆったりと他の人の発表を聞いていることができ…

イギリス・ゴードン・ブラウン首相のコペンハーゲンへ向けてのスピーチ

同じようなタイミングでもう1つ重要な動きがあった。イギリスのゴードン・ブラウン首相が、コペンハーゲンへ向けての方針を発表するスピーチを行った。 Number10.gov.uk: Government sets out “Road to Copenhagen” スピーチの大半は、これまでのEUの路線を…

ワックスマン・マーキー法案が下院を通過

僅差での通過 今春からアメリカの国内政策議論の焦点だったワックスマン・マーキー法案(American Clean Energy Security Act of 2009: ACES)が下院を通過した*1。 Commitee on Energy and Commerce of the House of Representatives: House Passes Historic…

一端、書くのが途切れるとあっという間に日がたってしまうな・・・

う〜ん、やっぱり、出張中はブログをちゃんと書くのが辛かったな。 書くネタはむしろあるのに、夜になると、慣れない土地にいるせいかすごく疲れが出てしまって起きていられない・・・。今回の出張(Carbon Markets Asia)に関する話は明日また書くとして、…

Carbon Markets Asia のためにクアラルンプールへ

初のクアラルンプール 明日から2日間の日程で開催される「Carbon Markets Asia」というイベントのために、今日からクアラルンプールに来ている。通常、この手のビジネス向けイベントには、うちのようなNGOあんまり招待はされないし行きたいとも思わないのだ…

「HOME〜空から見た地球〜」

情けないことに、海外の同僚に教えてもらうまで知らなかったのだが、今年の世界環境デー(2009年6月5日)を記念して、「HOME〜空から見た地球〜」というドキュメンタリー映画が世界各地で公開されたそうだ。監督は、ヤン・アルテュス=ベルトランという人で…

最近使っているバッグの感想

マザーハウスのメッセンジャー・バッグ 以前にこのブログでも本の感想を書いた山口絵理子氏の経営する企業・マザーハウス社製のメッセンジャーバッグを今年初めから使っている。実は、初っぱなにジッパータブがもげるというアクシデントがあったのだが、修理…

また週末にブログ記事を書きためることができるかな

福岡伸一『動的平衡:生命はなぜそこに宿るのか』 木楽舎 2009年

動的平衡? 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか作者: 福岡伸一出版社/メーカー: 木楽舎発売日: 2009/02/17メディア: 単行本購入: 28人 クリック: 282回この商品を含むブログ (160件) を見る著者の名を私のような門外漢も含めた世の中に知らしめた前著『生物…

「iPhone アクティベーションサーバが一時的に使用できないため、・・・・」

ようやく、iPhone ソフトウェアのバージョン3.0が公開され、ダウンロードまではできるのだけれど、今日の5時半の段階では上のようなメッセージが出てアップデートができない。後でまた試せ、というメッセージが出てくるので、しばらく時間をおいて試すものの…

デービッド・ボーンスタイン『世界を変える人たち』ダイヤモンド社 2007年

社会起業家ブーム? 世界を変える人たち―社会起業家たちの勇気とアイデアの力作者: デービッド・ボーンスタイン,井上英之,有賀裕子出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2007/02/17メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 42回この商品を含むブログ (15件) …

『日経ビジネス』の太陽電池特集

もう1週間以上遅れた話題になってしまうが、6月8日号の『日経ビジネス』は太陽電池を特集していた。『日経エコロジー』との共同取材ということのようで、執筆陣にも『日経エコロジー』で見慣れた面々が並んでおられる。最近、固定価格買い取り制度(フィード…

新しいMacBook Pro

世間の話題から遅れること約1週間。ようやくWWDC2009での発表を話題にしてみる。iPhone 3G Sなる新しいものが出たり、Snow Leopardの発表があったりと、どうやら盛りだくさんだったようだが、個人的に一番気になったのは新しいMacBook Proの発表。特に、 13…

フランク・シェッツィング『深海のYrr』 早川文庫 2008年

深海のYrr 〈上〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)作者: フランク・シェッツィング,北川和代出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2008/04/23メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 225回この商品を含むブログ (126件) を見る深海のYrr 〈中〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-…